ひな祭りといえば‥

ひなあられは断然関東派。ポン菓子砂糖がけの軽〜いものが好きです。
関西のひなあられはしょっぱかったり甘辛かったり、これも美味しいですが
やっぱり小さい頃に食べた懐かしい味が、染み付いているのでしょう。
adcycle-project の宇野です。



ディスプレイ業界的には“ひな”といえばひな壇什器ですよね!


御存知の通りひな壇形のディスプレイ什器は
種類、色違い、柄違い、サイズ等、区分が必要なものの陳列に便利で、
フラットな状態に並べるよりも整頓しやすくわかりやすい陳列となります。



adcycle-project からも大小色々ひな壇の事例をご紹介します。


14025901102_baf9fe2e51_o
定番の形です。棚上やカウンター上でも使用できるサイズ。

14028961765_e6b18a2bf2_o
お子様が乗って写真撮影するためのイベント什器!

14025915052_829ea5c676_o
シンプルだけど大胆!どうなってるの?と、目を引きますね。

14049135513_bcc8bfd2e1_o
バックパネルで商品訴求、ひな壇で商品区分、下段に商品見本と、
まさしくスペースの有効活用!

ひな壇部分を別で作り、脱着可能にして必要に応じて使うのも便利ですね。


IMG_1522
オレンジのミニひな壇部分が脱着可能!内覧会でも展示いたしました。


ひな壇ではありませんが、商品陳列什器としてこのようなモノもございます。


14029551734_97f8505bce_o14029108855_6963563fbc_o
一味違う工夫、わかりますか?

ご覧のとおり、こちらの什器は棚板に軽い傾斜がついています。
この傾斜がポイントで、これにより棚の奥の方まで目に入り、
視覚的に有効なスペース活用となるのです。
棚板の手前には万が一のため、落下防止のこぼれどめがついております。

限られた売り場スペースでも、壇による高低差や棚板の角度など、
空間をうまく利用することで、新しい見せ方が可能になるのです!

商品がどのように置かれたらわかりやすいか、目につきやすいか、
手に取りやすいのか、お客様の視点や売り場での見え方も想定して考える、
商品の魅力際立つ「魅せ方」を、ディスプレイ什器でお手伝いいたします!