Mar 2016

春のお散歩

暖かい日が続きますね。
adcycle-project の宇野です。


IMG_1963

南森町から地下鉄でほんの10分、四天王寺にやって来ました。
よく晴れた連休、沢山の人が訪れています。


IMG_1976IMG_19771
池には亀がたくさん!気持ちよさそうに甲羅干しです。


私のお目当ては、毎月21日(お大師さん)22日(お太子さん)に
催される、縁日の骨董市なのです。
着物、骨董品、生活骨董、食べ物、様々なものが売られています。


IMG_1972
ひょっとしたらお宝が‥?

IMG_1969
ワンピースを買うより安いかも!着物もたくさん売られています。

レトロモダンで素敵なリサイクル着物が所狭しと並びます。
着付けの練習用にここで着物を買う若い女性も多いそうです。
普段使いに、習い事に、おでかけに、気軽に買えるお値段も魅力的ですね。




IMG_1965
ガラクタ?お宝?見る人次第です‥

狙ってもいなかったようなものがひょっこり見つかるのも楽しいところ、
自分の琴線に触れるお気に入りの逸品が見つかるかもしれませんね。

「行けるなら朝早くから行くべき!」行き慣れた友人からのアドバイスです。
いいものは早い者勝ちだから、逃したら手に入らないの!とのことです。

春分の日、振替休日と連休をどのように過ごされましたか?
暖かくなると出歩くのも楽しくなりますね。



お客様の声を伺って。

道を歩くとどこからか香ってくる梅や沈丁花のいい香り、
2月の冷たい空気の時よりも暖かい空気の中で強く匂い立つように感じます。
春も近づいてきていますね。adcycle-project の宇野です。


IMG_1576
IMG_1545
梅まつり開催中の天神さんにて。

先日開催いたしました内覧会では、たくさんのお話を伺いました。
お客様ごとに、案件、販路、気になる所、ご要望等を
それぞれじっくりお聞かせいただきました。


・新商品で販路を広げたい。
・ショップインショップ、売り場の一角、GMSに販売スペースを確保したい。
・展示会に出店する際、ブランドの認知度を高めたい。
・この什器で商品を売りたい!社内で話を進めるにはどうしたらいいか?
・キャラクターを使用したアイキャッチを作りたい!

などなど‥具体的な案件をお持ちのお客様もいらっしゃれば、
構想段階のお客様もいらっしゃいました。

内覧会ではリジッドペーパーボード什器を導入頂いたことで
成功された事例をいくつかご紹介いたしました。

・新規チャネルへの販路拡大の事例
・既存チャネルへ見せ方を変えるご提案で、ご採用いただいた事例
・与件を盛り込んだオリジナルディスプレイ什器提案の事例
・POP UP STOREでの活用事例


お客様それぞれがお持ちの案件にフィットした什器をご提案するためには、
ご要望や今後の展開など、
お話をしっかりお聞きすることを大切にしています。
リジッドペーパーボードを使用した新たな売り場の見せ方、
新しい視点からのご提案をもって、ご要望にお応えしていきたい
と考えております。

そして、お客様にとってより良いカタチのお手伝いが出来る
adcycle-project でありたいと思います。

ひな祭りといえば‥

ひなあられは断然関東派。ポン菓子砂糖がけの軽〜いものが好きです。
関西のひなあられはしょっぱかったり甘辛かったり、これも美味しいですが
やっぱり小さい頃に食べた懐かしい味が、染み付いているのでしょう。
adcycle-project の宇野です。



ディスプレイ業界的には“ひな”といえばひな壇什器ですよね!


御存知の通りひな壇形のディスプレイ什器は
種類、色違い、柄違い、サイズ等、区分が必要なものの陳列に便利で、
フラットな状態に並べるよりも整頓しやすくわかりやすい陳列となります。



adcycle-project からも大小色々ひな壇の事例をご紹介します。


14025901102_baf9fe2e51_o
定番の形です。棚上やカウンター上でも使用できるサイズ。

14028961765_e6b18a2bf2_o
お子様が乗って写真撮影するためのイベント什器!

14025915052_829ea5c676_o
シンプルだけど大胆!どうなってるの?と、目を引きますね。

14049135513_bcc8bfd2e1_o
バックパネルで商品訴求、ひな壇で商品区分、下段に商品見本と、
まさしくスペースの有効活用!

ひな壇部分を別で作り、脱着可能にして必要に応じて使うのも便利ですね。


IMG_1522
オレンジのミニひな壇部分が脱着可能!内覧会でも展示いたしました。


ひな壇ではありませんが、商品陳列什器としてこのようなモノもございます。


14029551734_97f8505bce_o14029108855_6963563fbc_o
一味違う工夫、わかりますか?

ご覧のとおり、こちらの什器は棚板に軽い傾斜がついています。
この傾斜がポイントで、これにより棚の奥の方まで目に入り、
視覚的に有効なスペース活用となるのです。
棚板の手前には万が一のため、落下防止のこぼれどめがついております。

限られた売り場スペースでも、壇による高低差や棚板の角度など、
空間をうまく利用することで、新しい見せ方が可能になるのです!

商品がどのように置かれたらわかりやすいか、目につきやすいか、
手に取りやすいのか、お客様の視点や売り場での見え方も想定して考える、
商品の魅力際立つ「魅せ方」を、ディスプレイ什器でお手伝いいたします!