Nov 2015

“adcycle-project”とは?

先日、コートニー・バーネットの LIVEに行ってきました!いい夜だった!
東京在住の友人曰く、来日アーティストは大概、東京~大阪と回るのに
大阪のほうがチケットが取りやすいそうです。
過去に同じアーティストのLIVEに行っても、東京はソールドアウト、
大阪はガラガラ…なんてこともありました。
こういう時、大阪に住んでてよかった!!と個人的には思いましたが、
大阪ももっと盛り上がってほしいものです。
CDにサインもらって幸せです。adcycle-project の宇野です。


IMG_1759
ハート付きサイン!

“adcycle-project”ってなに?


と、お思いの方、いらしゃいませんか?
今回は、辞書を引いても載っていない “adcycle” に込めた想いと
ブランドにまつわるお話をしようと思います。
聡明な皆様であれば、造語かな~と、お気づきかと思いますが…

広告を意味する “ad ”
   +
循環を意味する “cycle”
  そして
目標を達成するための計画、
そのタスクを指す “project” から、成り立っております。


我らが代表が、
母体となる “ヴァズインク” を立ち上げ今年で18年目となります。
元々、紙媒体を大量消費する広告が主流だった時代に
デザインの仕事をしていた代表は、
いわゆる「資源の無駄遣い」を目の当たりにした活動から
「もっと次の世代にむけて資源を大切にしつつモノづくりがしたい」
という想いをもち、
循環型素材を用いてプロモーションツールを製作するブランド
“adcycle-project”を立ち上げました。


penguinlogo

つまり “adcycle-project” とは、
そういった想いを根本に持った
私たち株式会社ヴァズインクの活動なのです。
国内外を問わず、リサイクル可能な資材を利用して
「環境にやさしく、資源を循環させるための努力」
「広告をうまく循環させるための取り組み」として、
主に循環型素材の紙を主材として、店頭什器、ディスプレイ、
POPなどのデザインおよび製造を行っています。

最近は3Rから発展した5Rをよく耳にしますね。
adcycle-project でも、
これらを目指したモノづくりに取り組んでいます。

reduce 減量)出来る限り効率よく材料どりを行い無駄を減らす
(reuse 再使用)製品の組み立て、バラシで再使用
(recycle 再循環)使用後は資源としてリサイクルに
(Refuse 拒否する)必要な個数1個単位での受注
(Repair 修繕する)部分的な破損にもできるだけ対応


循環型素材の紙素材として、主力となるリジッドペーパーボードは
リサイクル可能な、環境に配慮した素材であると同時に、
強度もあり軽量で加工しやすい素材であるという特長があります。
その特長を活かして日々試行錯誤を重ねながら、
新しいカタチのモノづくりのご提案をしております。

環境に配慮するモノづくりを行うとともに、
新しい魅力的な店頭プローモーションツールの提案を行う、
このような活動が “adcycle-project” というわけです。

そうして
どんなものができるのか…
トップページからどうぞご覧くださいね。
www.adcycle-project.com

続 店舗販促EXPO 2015 出展話いろいろ

大阪もだんだんと寒くなってまいりました。お肌の乾燥が気になります。adcycle-project の宇野です。アラサーです。



「店舗販促EXPO 2015」楽しかったです。前回のブログでは書き足りなかった分、引き続きお話いたします。


什器も実際に間近で見て触ってみないとわからないですよね。
リジッドペーパーボードの質感、印刷の風合い、安定感、丈夫さ、軽さ、
そして adcycle-project ならではの作りやデザイン性、
しっかり見ていただき、その場でご質問にお答えできるいい機会でした。

中でもアパレル関係のお客様に一番人気だったのがこれ!
クラフト素材を活かし、
メタルファスナーをアクセントに使ったカジュアルなシェルフです。


03
写真中央:メタルファスナーが効いてます。

シンプルながら洗練された形状がスタイリッシュなイメージを与えますね。
クラフト素材の温かみのある風合いは、鮮やかなお洋服の色味が映え、
商品を際立たせるだろうな…と、ご好評を頂いております。

中には、「これ家に置きたい!」なんてお客様も…

ご要望にお応えできるよう、コンシューマー向けも只今企画中でございます。
新企画なども、随時こちらでご案内させていただきますので、お楽しみに!



せっかくなので…私のお気に入り什器ベスト3を、ご紹介します!今回の展示什器はもちろんそれぞれ大変素晴らしい出来栄えなのですが中でも特に気に入っているものです。


まず3位!! アーチ型の什器です!


01

可愛い!子ども心をくすぐりますね!
モニターは埋め込み型になっております。
内側は棚になっていますので、今回はパンフレットを置いて使いました。

東京の展示会なので、くぐって下さる方が少なかったのが心残りです…
ノリノリでグリコポーズでくぐってくださったお客様が!!
と思ったら大阪からいらしている方でした…
関ヶ原からあっちとこっちじゃ色々違いますね。
クールな東京の方もたまには童心に返ってくださいね!



続いて2位は…フック什器です!


02
写真中央:Black & White のクールなデザインです。


ボードの断面が中に折り込まれた作りになっており、
強度はもちろん、紙製とは思えないこのシャープなかっこよさ!!
やはりかっこいい男性の方がよくご覧になっていらっしゃいましたよ。

ポケットの部分は軽いものを入れるので、薄い素材のものを使用し、
土台部分に黒のエッジモール、商品を掛ける為のフックのついた什器です。



栄えある1位はこれです! ミニチュア展示用什器!


T01


この大きさ!この可愛さ!
そして1つ1つのミニチュアを照らす LEDライト!

なんと!こうみえて高さ2.7メートルもの大きさです!
ライトの電源コードは内部に設置されたスマートなつくりになっております。
クラフト素材の素朴さに加え、
リジッドペーパーボードの断面がアクセントとなり、おしゃれな印象です。

木工や金物では難しい丸みのあるカットライン、側面、脚のカラー印刷も
鮮やかで、コロンとしたフォルムが何とも言えない可愛らしさです。

ミニチュアを効果的に照らすライティングを計算した上での棚の高さ設計、
継ぎ目のない滑らかなフレーム、シンプルなのに計算しつくされたデザイン!
これは文句なしのナンバーワンでしょう。
このミニチュア展示のために作られたオリジナル什器です。

いかがでしたか?
お立ち寄りいただきました皆様、長文読んでいただいたあなた!
ありがとうございました!



そして来年2016年7月6~8日 東京ビッグサイトにて開催される、
「店舗販促EXPO 2016」に出展を予定しております!
http://www.tenpo-sp.jp/

より面白いものをつくろうと、adcycle-project スタッフ一同、
相変わらず「R.P.B 365 creative & products」で頑張っております。
ご来場お待ちしております!



関西圏のお客様!!


「展示会、東京まで行くのは難しいなぁ。大阪市内やったら…」
と、お思いの方はいらっしゃいませんか?
ここ大阪南森町の、株式会社ヴァズインクオフィスにて
内覧会を計画しております!

もちろん関西圏以外からのご来場も大歓迎です!
詳細は決まり次第、またこちらでお知らせいたします!!

店舗販促EXPO 2015 出展話いろいろ

こんにちは。 adcycle-project の宇野です。


忙しさにまかせて更新がおろそかになっていた“adcycle-project news”ですが、これから、 adcycle-project の今!を切り取ってお伝えしていきます。様々な情報や役立つ知識、近況、新しいコトなど、どんどん書いていきますので、どうぞお付き合いください。


「店舗販促EXPO 2015」に今年も出展いたしました。


毎年恒例となっている展示会ですが、
今年も多くのお客様にご来場いただきまして、ありがとうございました。
展示什器はもちろん、アーチ、バックパネルも全てリジッドペーパーボードで
製作し、チャーター便で運搬、設置、展示しました。


1511130001
運搬風景…女性スタッフも軽々!持ち上げております。

今回はチャーター便を利用するため、予めある程度組み立てての梱包となりましたが、通常製品出荷は原則、フラットパックでコンパクトにパッキングいたします。


1511130002
荷物も一緒に詰め込んで、大阪から東京ビッグサイトへ出発です!

1511130003
みんなで組み立て、こんな感じになりました!

高さ3.5メートルもの巨大バックパネルを立て、大きなアーチでお出迎え、6×6メートルのブース内には所狭しと自慢の什器をたくさん展示いたしました。今回コラボ出展した、日本製図器工業株式会社様展示のカッティングマシンが絶えず稼働しており、機械好きのお客様の目を引いておりました。



今年のテーマは「R.P.B 365 creative&products」


一年365日、毎日毎日リジッドペーパーボードのこと考えてます!という、ヴァズインクのRPB専業メーカー宣言です。


1511130004

重量のあるスポットライトを据えてもびくともしない、どっしり安定したバックボード。シンプルな形状ながら、企業秘密の設計の技が詰まっています…



什器もたくさんお見せしたいけれどもブースの広さには限りがありますので、1/4スケールのミニチュアを作って、たくさん持って行きました!


1511130005
ミニチュアを作るのは大変でしたが、出来の良さを改めて感じましたよ。

全部お話したいですが、長くなりますので一つだけ、ご紹介いたします。



1511130006
左が今回展示したミニチュア、右が現物写真です。ダウンスケールしても精巧な仕上がりに!!

例えばこのミニチュアは、隣の男の子の身長170センチという縮尺なので、実際は私の身長ぐらいのケチャップの形の棚が売り場にどーんと置かれるというアイキャッチ効果抜群な什器です!もちろん棚にはケチャップがずら~り…おしゃれなボトルデザインを活かしたインパクトのある製品です。ケチャップカラーの発色も美しいですね。


両面が棚になっていて、両サイドはこのボトルデザインのビジュアル。
商品陳列棚+POPの機能を兼ね備え、どこから見てもわかりやすい。
細かいボトルの蓋の形まで忠実に再現したカットも可能です。

「サイドのデザインをうちの商品の〇〇に置き換えて…」
とイメージされるお客様もたくさんいらっしゃいました。

どんな商品をどのように見せ、どんな点をアピールするか、どこのスペースにどのような状況で置くか…
「魅せ」方は商品によって、状況によって変わってきます。

一番効果的な方法を、いっしょに creative&products していきませんか?