ecoについて考えた話

もうすぐクリスマスですね!
ケーキカタログばかり眺めております。
子供の頃は「ホールケーキを一人で食べたい」と思っていましたが
年とともに「すごく美味しいケーキを一切れ食べたい」に変わりました。
adcycle-project の宇野です。


前回ブログでの“adcycle-project”という取り組み、
おわかりいただけましたでしょうか?
こういったご提案をしている私たちは
常に意識しながら行動しなければなりません。

「5R」の意識をもち
作業中も無駄を出来る限り省くよう徹底しています。
工場や作業所はこまめに節電、
運搬用のダンボールは繰り返し使うため重ねて貼れるPPテープを使用、
使用できない端材はリサイクル出来るよう分別する、などなど…
細かなことでも小さな一歩から、という気持ちで取り組んでいます。

最近は海外でも「mottainai」という言葉が注目されています。
日本人のエコ意識は高いほうだとの意識があるようです。
しかし、この間もハロウィンの装飾が一晩でクリスマスの装飾に
変わりました。
クリスマスの次の日にはお正月の装飾に、すぐバレンタインに、
ひな祭りにホワイトデーに…街の様子も移り変わっていくことでしょう。
季節感やそれぞれのイベントを実感するのはとても楽しいことですね。
しかしその裏にゴミの山ができるのかと思うと複雑な気持ちも…

特に店頭什器、ディスプレイ、POPなどは
目を引くように新しく変えていかないと…

でもこれでよいのか?
生み出して行く立場として自問自答は続きます。

広告は社会に必要、ならばせめて消費ではなく循環へ、
日々努力をしていかなくてはなりません。


そもそも何のためにecoというのか、それは…


資源は有限なものであり、使えばなくなっていってしまいますよね。
それを消費していくだけでいいのでしょうか?
私は今まで何も考えずに消費していくばかりだったように思います…
この仕事に携わってから、今までの私では未来の為に良くない!と、
気付かされることばかりです。

ではどうするか。何ができるのか。
それは、次の世代のためにできるだけ資源を大切に使い
少しでもエコを意識して行動したり、考えて生活していくことだと思います。

前回 “adcycle-project” について、代表に質問に行ったら
何のためにエコと言うのか、何をもってやっていると言うのか、
ひいては仕事に対する意識やライフスタイルも
改めて見つめなおさねばならない機会となりました。

どうすれば環境負荷や資源の消費を
できるだけ軽減するモノづくりが出来るのか。
どうすればお客様によりよい提案が出来るのか、意識することを再認識し、
行動一つ一つから見つめ直して生活することが第一歩であるということ、
それが私のecoについて考えたことです。


年末年始休業のお知らせ


休業期間
2015年12月30日(水)~2016年1月4日(月)
1月5日(火)より通常営業いたします。よろしくお願いいたします。