HAREBA(ハレバ)の組立キットは、大判インクジェットで糊付きシートを出力し、キットに貼れば、リジッドペーパーボード製のオリジナルグラフィックのカウンターや什器がとても簡単手軽に自社で作れます。
    2021年5月下旬販売開始!
2021年5月下旬、HAREBA(ハレバ)の組立キットを販売開始いたします。
これに先立ち、期間限定で新しい一部製品のプレオープンサイトを公開いたしました。
皆様にいち早くご覧頂きたくプレオープンの形を取らせていただきましたので
パース画像や資料をご覧いただくことはできますが、一部の機能に制限がありますので、予めご了承ください。
ご購入を急がれる方は、弊社担当者または「見積を依頼する」ボタンからご連絡いただければ別途対応させていただきます。
今後、画期的新製品を続々アップ予定です。どうぞお楽しみに。
HAREBA(ハレバ)のキットの特長

完成度の高いキット

adcycle-project®のRIGID PAPER BOARD設計・製作・加工ノウハウが詰まった完成度の高いキットでシート貼り専用に設計されておりキットのステップに従って製作を進めて頂ければ完成度の高いカウンターや什器が作れます。

コストバランス

素材は、adcycle-project®オリジナルのM2 Boarad 8mmで、リーズナブルで日本売場での商品や展示期間サイクルを考慮したある程度の強度、耐久性を持たせながらコストバランスに優れる素材です。

マニュアルが充実

提案から組立まで製作プロセスをしっかりしたマニュアルでサポート。3面図、印刷用テンプレート、加工手順書、組立説明書をご用意しておりますのでプラン提案から納品までスムーズに進めていけます。
製作の流れ
  1. 目的のアイテムを選んで、ラフデザイン用の3面図をDLして頂き、デザイニング!社内検討・・・・
  2. アイテムをセレクトし購入(5月下旬WEB販売予定)
  3. ご入金確認後に、グラフィック用の印刷用テンプレート」をこちらからメールで送信と「キット製品」出荷

  4. 印刷用テンプレート」を使用してお手持ちのプリンターで表示面グラフィックを印刷、お好みでラミネート加工

  5. 加工手順書を読みながらインクジェットシートを貼り込み、カットするだけ

  6. モールなど付帯パーツを装着し完成

※ ご購入後の加工作業はお客様自身でおこなって頂く組立キット製品となります。

※ 詳細は、デザイン用3面図、印刷用テンプレート、加工手順書、組立説明書それぞれに留意点を記載しております。

まずは、イベント・展示会で使えそうな5アイテムから

お客様の目を引きたいイベントや展示会で、使いやすい基本アイテムを揃えました。シンプルな形状をベースにPOPやオプションパーツを追加して、さらに注目を集めるディスプレイ仕上げに。

施工イメージ

裏面ストック

トップボード取付イメージ

W600ディスプレイカウンター

ロール:1118mm
Size:H約850×W約600×D約450mm
3面図ダウンロード(PDF/AI)

※ 3面図をダウンロード頂く為には登録が必要です。最下部ボタンよりご登録下さい。

高さ850mmのカウンター台。展示会やイベントでの受付や、商品ディスプレイ台として使用できます。天板に切り込み加工をしてトップボードの取り付けも可能です。使い方次第で用途が広がる什器です。

※ 恐れ入りますが、販売価格は5月下旬掲載予定となります。

見積を依頼する

トップボード取付イメージ

エッジモール

スタンドパネル H1200

ロール:1118mm
Size:H約1200×W約500×D約200mm
3面図ダウンロード(PDF/AI)

※ 3面図をダウンロード頂く為には登録が必要です。最下部ボタンよりご登録下さい。

高さ1200mmのスタンドパネル。視覚を妨げないサイズは案内表示やイベント告知などにお使いいただけます。幅500mmスリムボディは軽量で取り回しが簡単です。

※ 恐れ入りますが、販売価格は5月下旬掲載予定となります。

見積を依頼する

施工イメージ

トップボード取付イメージ

スタンドパネル H1400

ロール:1118mm
Size:H約1400×W約650×D約300mm
3面図ダウンロード3面図ダウンロード(PDF/AI)

※ 3面図をダウンロード頂く為には登録が必要です。最下部ボタンよりご登録下さい。

一般的なサインボードサイズ。リジッドペーパーボード製で軽量なので、表示パネルは1350×600mmありますが、手軽にラクラク移動。POP UPを追加して大型のPOPやディスプレイにも使用できます。

※ 恐れ入りますが、販売価格は5月下旬掲載予定となります。

見積を依頼する

施工イメージ

茶色の断面

スタンドパネル 三角柱

ロール:1118mm
Size:H約1500×W約340×D約390mm
3面図ダウンロード3面図ダウンロード(PDF/AI)

※ 3面図をダウンロード頂く為には登録が必要です。最下部ボタンよりご登録下さい。

表示パネルが3面の三角柱タイプ。お客様の視線を360度の方向から捉えます。スマートで洗練されたイベント案内板や商品説明など展示会でも活躍します。

※ 恐れ入りますが、販売価格は5月下旬掲載予定となります。

見積を依頼する

施工イメージ

樹脂製コーナージョイント

樹脂製コーナージョイント

3段シェルフ[ MOVE ON ]

ロール:1118mm
Size:H約1200×W約600×D約400mm
3面図ダウンロード(PDF/AI)

※ 3面図をダウンロード頂く為には登録が必要です。最下部ボタンよりご登録下さい。

オリジナルの樹脂製コーナージョイント使用したMOVE ONタイプ。差し込んで組み立てるシンプルな3段シェルフです。耐久性に優れ、商品ディスプレイやストック什器などにも、グラッフィック表現次第で様々なシーンで幅広く活躍します。

※ 恐れ入ります、販売価格は5月下旬掲載予定となります。

見積を依頼する
Q&A

屋外で使えますか?

紙製の為、屋内用途のみでお使い下さい。

大判インクジェットは、どのタイプで使用できますか?

屋外用、屋内用問わずロール幅が適合していれば使用できます。

ロール幅はどれぐらい幅が必要ですか?

幅1118mm、1270mmの2タイプでキット構成されております。

反りませんか?

塩ビなどの伸縮するシート基材の場合は、時間の経過と共に反りが生じる場合がありますが、キットの設計段階で粘着シート貼りを行う事を前提した設計にしておりますので、過度な 反りは生じにくい設計になっております。

◯反りを発生しにくくするポイント
・シートの貼り込み作業は、強く引っ張ってテンションをかけすぎない。
ラミネーターやドライマウントの機器を使いテンションをかけず貼り作業する。
・伸縮しない基材のシートを使用する。例えば合成紙など。

エッジモールを貼る時のコツはありますか?

同梱されているエッジモールは、やや長めに入っています。
必ず、リジッドペーパーボードの方へ両面テープは貼り込んで下さい。

① 組立説明書の記載通り、先ずは切らずに両面テープも貼らない状態で、仮装着してカットする箇所をマーキングします。

② あまり引張らずに一定の力で貼り込むことがポイントです。

③ エッジモールの貼り込みは強く圧着しなければ、数回の貼り直しは出来ます。その際には、両面テープは新しいものに取り貼り替えて作業して下さい。1度剥がした古い両面テープのまま使用すると時間経過と共に剥がれてくる場合があります。④貼り込み後にしっかりと圧着をして下さい。

⑤ エッジモールが塩ビ製の為、気温が低い場合や冬季はエッジモールも硬化しますので20度前後の室内で作業は行って下さい。

防炎ですか?

防炎ではありません。

誰でも作れますか?

キット本体に糊付きシートをスキージー等で貼り込む作業がありますので、シート貼りが出来るスキルが必要です。

(キット本体のベース材が紙製の為、エアフリーや再剥離タイプでも貼り直し等は出来ません)


糊付きシートはどのようなタイプがオススメですか?

弊社では屋外短期用の塩ビシートを使用しています。シートの厚みはあまり厚手ではない方が、シートカッティング加工が容易に出来ます。

作業時に絶対に「必要なモノ」はありますか?

インクジェットシート及び貼り加工の道具の他に、木工用ボンド、ラジオペンチ、マイナスドライバー、両面テープ(強粘15mm幅)です。

作業時にあると「便利なモノ」はありますか?

エッジモールの端をしっかり固定する場合等、補強するためにホットメルトがあると便利です。

ラミネートは必要ですか?

使用されてるインクの種類と使用期間によりますが、屋外用インクであればラミネートは必要ないかも知れません。むしろ完成時の仕上がりでグロスやマットをチョイスする場合があります。弊社の場合は、ラミネートなしがほとんどです。(使用機器:HPラテックス)

HA・RE・BAの販売・お見積りに関しましては、メンバー登録が必要となります。

まだ、ご登録をされてない場合は恐れ入りますが、下記のボタンよりメンバー登録をお願いします。

◯ 法人向けの販売となりますので個人の方はごご遠慮下さい。

◯ 競合他社様からのお申込みはお断りさせていただくことがございます。

先ずはHA・RE・BA メンバー登録へ